2010年10月23日

国際ボランティアのための情報誌「クロスロード」11月号に載りました

R0011321.JPG

こんにちは。
今日はタイトルの通りです。
11月号のクロスロードに、僕のインタビューや提供した写真が載っています。

クロスロードには毎号特集がありまして、11月号の特集は
「JICAボランティアがともに過ごした途上国の子どもたち」
です。
記事はこの特集の中です。内容は、僕が任地変更後に移り住んだンゴクサ村で、とってもよくしてくれた隣の家族とのエピソードや、僕が感じたことなど。このブログでも何度も登場した家族ですよ。ページは10と11ページ。光栄なことに特集の中のトップ記事です。


さて、僕がカメルーンへ赴任した2008年、インターネットでカメルーンの生活情報を集めようとしても、全く集まりませんでした。サッカーで多少は知られているけども、それ以外のことはほとんど何も知られていない国、カメルーン。日本からしたら遠い存在です。

このブログの当初の目的の1つは、そんなカメルーンのことを多くの人に知ってもらって、文化交流のちょっとしたきっかけにでもなれば、というものでした。

そして帰国して4ヵ月。今もその気持ちは変わっておらず、機会があればカメルーンのことを伝えていきたいです。今回の記事で、カメルーンのことをより多くの人に知ってもらい、より身近に感じてもらえるかと思うと、とても嬉しく思います。クロスロードの編集の方々、こういう機会を与えてくれて、本当にありがとうございました。

そして皆さん、ぜひぜひ11月号のクロスロードをご覧くださいね。
posted by まっつん at 16:25| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

フランス語検定、申し込み

今日、フランス語検定の申し込みを終えました。
前に書いていた通り2級を受けます。
試験は1カ月後。がんばります!


さて、就職活動の進展状況。
とりあえず、先週のセミナーを踏まえて自己PRなど書類の文面を書き直しました。ちょっとはましなカタログになったかな。そして、帰国隊員用の進路情報やWebの求人などから、興味のある会社を3、4社ピックアップしました。

それにしても、早く働きたいです〜。帰国直後のJICAの研修で、「毎日通うところがあるというのは、いいですよ」と言われましたが、本当にそう思います。早くニートを脱出したいです。
posted by まっつん at 19:58| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

JICAの進路相談カウンセラー

今日、進路相談カウンセラーに就活の相談に行きました。

JICAは、帰国した協力隊員の進路を相談するカウンセラーを全国に配置しています。大阪には2人。JICA大阪(茨木市)ではなくJOCAの近畿支部(大阪・梅田)にいます。

この日は、元小学校教師であるYさんがカウンセラー。この方と1時間ほど、自分の悩みとか考えを話して、色々とアドバイスをもらいました。穏やかな方で、とても話しやすかったです。ちなみに、帰国隊員のための就職情報なども置いてあって、教えてもらいました。(あとで調べたら、帰国隊員用のホームページでもこの情報を閲覧可能でした。知りませんでした〜!)

このYさんは教育関係の就職に詳しく、僕も教育関係で探しているので、またお世話になるかもしれません。もっと早く相談にくれば良かったなぁと思いつつも、まあ今日来て1歩前進したからよしとしましょう。
posted by まっつん at 21:00| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

帰国ボランティアのための就活スキルアップセミナー

昨日の13日(水)、タイトルの通り、「帰国ボランティアのための就活スキルアップセミナー」に参加しました。

帰国して3ヵ月が過ぎました。現在は就職活動をしています。

前に、「帰国して1ヵ月」(7月14日)の記事の中で、「国際協力業界での日本での正職員雇用は少ない。海外での短期契約の仕事ばかり。ならばまた海外に行くことも視野に入れようかな」ということを書きましたが、3ヵ月経った今は日本で働くことを中心に考えています。別に、結婚を考えている人がいるから早く日本で腰を落ち着けたいとか、そういう理由は残念ながらま〜ったくありません。本当に残念ですが…(笑)。そうではなく、カメルーン滞在中の記事でも書きましたが、カメルーンのために一生懸命に働く人々と接して、逆に「帰国したらこの人たちのように日本のために働きたいな」と思ったことが前にありました。この気持ちが強くなってきたことが1つ。そして、いい意味で協力隊の記憶が薄れて、以前に日本で生活していた時の感覚が戻ってきて、「突出した2年間」「夢のようだった2年間」という風に感じていた協力隊経験を、自分のそれ以前から続いていた人生の延長線の出来事として捉えることができるようになってきました。そして、僕が元々関心の高かった「教育」「人材育成」という分野で、協力隊経験を生かしながら日本のために働いていきたい、と考えるようになってきました。

ということで、教育や人材育成に関係する企業に的を絞って就活しています。と言っても、塾や英会話業界だけでなく、幅広い意味での教育ですけどね。そしてもちろん、国際協力に関心を失ったってこともありません。とにかくその企業の理念とかを見て、「あっ、この企業を通して社会に貢献したいな」と思えるところに応募しています。

でもこの就職活動がなかなかうまくいきません。今のところ、まだ1つも書類選考が通らず、全敗です。

昨日のセミナーでも言われていたのですが、「応募書類(=履歴書・職務経歴書など)は自分という商品を売り込むためのカタログ」で、「面接はプレゼンテーションの場」だそうです。つまり僕の場合、企業側が僕という商品のカタログを見て、「こいつ、おもんなさそうやな」とゴミ箱にポイっと捨てられているという状況です。なんとも悲しいです。

しかし、なぜ捨てられるのか? 僕という商品のカタログはそんなに魅力がないのか?

まあはっきり言って、僕の職務経歴は31歳にしてはしょぼいと思いますが、でも過去の経歴は変えられません。事実ですもんね。ならば書き方を工夫するしかありません。僕の魅力が最大限に伝わるような書き方をして、「こいつ、おもろそうやな。面接に呼んでみようか」と言ってもらえるように。

そのためのヒントが得られるのではないか。そう思って、昨日はこのセミナーに参加したのでした。



セミナーは東京で開催されていたのですが、テレビ電話方式(?)でJICAの国内機関ならどこでも聴講可能でした。ということで僕はJICA大阪でセミナーに参加しました。

前半はJICAの進路相談カウンセラーからの「ボランティア経験をどうアピールするか」に関して。
まずは一般的な「社会人基礎力」について。「社会人基礎力」とは「職場や地域社会の中で多様な人々とともに仕事をする上で必要な基礎的な能力」で、具体的には12の要素(主体性、働きかけ力、実行力、課題発見力、計画力、創造力、発信力、傾聴力、柔軟性、状況把握力、規律性、ストレスコントロール力)があります。
この12の要素を見て思ったのですが、これらって協力隊の活動でも大切だし、協力隊活動を通して培える要素でもありますよね。
続いて、自己PRや志望動機などにボランティア経験をどのように書いていくかを、実際に就活に成功した人の事例を紹介しながら教えてくれました。
後半は、就活に成功した先輩OBOG2人のお話。どういう風に工夫して就活をしたか、生の声を聞くことができました。

全体を通して感じたことは、「協力隊経験は日本社会での仕事にも生きる」ということでした。これまでの就活で全敗していることから、「協力隊経験は日本社会では全く評価されないのかな?」と思い始めていましたが、「いや、やっぱり生きるんだ」と強く思い直すことができました。
でも、OBOGの2人に共通していた意見として、書類や面接が「協力隊経験一辺倒になりすぎないこと」も大切みたいです。そして結局はその人自身の魅力が大切だとも。OBの1人が「入社面接では面接官側は将来の自分の部下を選んでいる。別にその人が協力隊経験者とかは関係ない。一緒に働きたい魅力のある人を選ぶ」と言っていました。確かにその通りですね。協力隊に行った人はみんな貴重な経験をすると思うけど、まあ世の中には協力隊経験者もいっぱいいるし、または協力隊に行かなくても魅力的な人はいっぱいいるし、「協力隊でこんなことをしました」ではなくて、その経験を踏まえて今の自分はどんな人間なのか、それを伝えなければならないですよね。

よし、もう一度自分のカタログを見直してみます。「こいつと会ってみたいな」と思われるようなカタログになるように。

PS
当日いただいた資料によると、
転職者(中途採用)1人当たりの平均応募社数は23.5社、
平均就職活動期間は5.4ヶ月、
だそうです(リクナビNEXT調査)。
僕なんて、まだまだやな。
応募社数は6で、就職活動期間は1.5ヶ月やもんね。
長期戦覚悟でがんばります!
posted by まっつん at 13:19| Comment(1) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

大阪市出身のJICAボランティア写真パネル展示会のお知らせ

こんにちは。
急に寒くなってきましたね。

そして、私事ですが、
夜行バス大阪-東京往復でやられた腰の痛みがやっと引いてきたので、
そろそろランニングでも再開しようと思っています。
11月にマラソンを走るのでそろそろやばいです。



さてさて、今日はお知らせです。

大阪市出身のJICAボランティア写真パネル展示会が行われます。
僕も写真を提供したので、僕の写真もきっと混ざっているでしょう!


会場と場所は以下の通り。

------------------------------------------

■大阪市役所ロビー
期間:2010年9月27日(月)〜30日(木)
時間:9:00〜17:30
入場:無料
展示枚数:27枚

■西淀川区役所受付前スペース
期間:2010年10月5日(火)〜11日(月)
時間:9:00〜17:30
入場:無料
展示枚数:数枚(小さい小さいスペースのため本当に少しです)

■大阪市立中央図書館 エントランス展示スペース
期間:10月22日(金)〜11月3日(水)
時間:平日 9:15〜20:30 土日祝 9:15〜17:00
入場:無料
展示枚数:30枚

------------------------------------------

今のところ決まっている会場はこれだけ。
でもこの展示会は3月末まで続くそうなので、
また決まり次第お知らせします。

時間のある人はぜひぜひ寄ってみてくださいね!
posted by まっつん at 13:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

マダムタタさんin東京

カメルーンでとってもお世話になった人、マダム・タタさん。このブログでも何度も登場していますが、すごく真っすぐで真面目な女性。そして行動力もあってカリスマ性もあって、村落開発にとっても真剣です。農業開発省のコミュニティ開発部の中央州代表で、僕が配属先を変更してセアック(CEAC、コミュニティ教育開発センター)で活動ができたのも、彼女のご厚意によるものでした。僕にとってはカメルーンでのお母さん、そんな感じの人でした。

そんなマダム・タタさんが、今なんと日本にいます!
JICAは海外で国際協力活動をするだけではなくて、海外から研修生を日本に招いて研修を行う事業もしています。その研修生にマダム・タタさんが選ばれたのです。

ということで先週末、マダム・タタさんに会いに東京に行ってきました。



帰国してからというもの、日本社会とカメルーン社会があまりにも違いすぎるので、「カメルーンでのあの2年間は夢かまぼろしだったんじゃないか…」と思うぐらいでした。それまでの人生と、協力隊の2年間が全く結合性がないというか、どこにもはまらないパズルのピースみたいな、そんな感じでした。

でも、カメルーンでの出来事は夢でもまぼろしでもありませんでした。僕が2年間従事した村落開発に今なお、そしてこれからもずっと従事していくマダム・タタさんが目の前にいました。



そんなマダム・タタさんですが、週末はお休みということで、「渋谷で買い物をしたい」とのこと。ということで2人で渋谷に繰り出しました。

東京を全く知らない僕にとって、渋谷の街は僕にとっても初めて。あのスクランブル交差点はすごいですね! あの人の多さはすごい! ぜひ皆さんも体験してみてください。観光名所ですね。

さて、マダム・タタさんは服を買いたいとのことで、ユニクロに行きました。
「Ce n’est pas cher. C’est joli! 安いし、すてき!」を連発して親戚へのお土産用とのことで、男物の服を大量購入していました。
R0011307.JPG

次は、「かばんがほしい」とのことで入ったのがH&M。しかし、ここでタタさんが気に行ったのはアクセサリー。「あ〜、すごい〜!」と言いながらイヤリングなどを大量購入していました。
R0011308.JPG

「今日は東京を堪能できた。ありがとう!ありがとう!」と何度も言われ、とても喜んでくれました。



渋谷でお昼ご飯を食べた後は、タタさんの宿泊先であるJICA東京に戻ってきて、最後に色々とお話しました。タタさんは、
「Le Japon est très développé. 日本はとても発達している。」
「Le Japon est bien organisé. 日本はとても段取りよく整っている。」
「Les japonais sont très gentils. 日本人はとても親切。」
この3つを何度も繰り返していました。
他には、「日本の車はとてもきれい(カメルーンではフロントガラスにヒビが入っているなど、整備不良の車ばかり)」、「カメルーンの村は全く整備されていない原始的な森とか藪みたいなところだけど、日本で村と呼ばれているところはとても整備されていて、カメルーンでいうところの村は日本には存在しない」なども言っていました。

そして、「カメルーンもいつか日本のようになれるかなぁ」と悲しそうな表情で話していたのが印象に残りました。

確かに、今のカメルーンが5年後に今の日本のようになることは不可能でしょう。色んな問題が山積みで、すごく大きい壁のように思われます。はっきり言って、50年後でも無理かもしれません。それぐらいの大きな差があるし、タタさんも何となくそれを感じたのかもしれません。

でも、「この日本での研修で学んだことを、セアックのみんなに伝えて、みんなでがんばる」と力強く語ってもいました。今の僕としては、遠い日本からカメルーンの発展を祈るのみです。



なお、全くどうでもいい余談ですが、東京へは夜行バスで往復しました。ケチって4列のスタンダードタイプ。しかも東京で1泊もしないで、着いた日の夜に夜行バスに乗って帰るという強行策で行きました。
結果、完全に腰を痛めてしまいました。腰が全くまがらず、歩くのがやっと。ちょっとの駆け足でも腰に衝撃が来てランニングなんてとてもできません。
うーん、僕ももう若くないですもんね。無理は禁物ですね。。。
posted by まっつん at 00:05| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

仏検の準備

約1ヵ月ぶりの更新になりました。

この間、何をしていたかというと、8月後半は四国八十八カ所お遍路の歩き旅に出ていました。実は3年前にも歩き遍路をしていて、今回はその続きでした。めちゃくちゃ暑くて、カメルーンにいる時よりも真っ黒に日焼けしましたが、とってもいい旅でした。またこのブログでも紹介したいと思います。

そして、旅から帰ってきたあとは本格的に就活を開始しました。
やっぱり、早く働きたいですね。五体満足なのに家でぼーっとしているって何だかもったいない気がします。何らかの仕事をして、早く社会に貢献したいです。



久々のネタは、実用フランス語技能検定試験、通称「仏検」
この前、受験申込が始まって、11月21日に1次試験があります。

仏検は春季と秋季の年2回。そして隣り合う級なら併願ができるとのことなので、2級を滑り止めにして準1級に挑戦しようと思っていました。でも、なぜか2級と準1級は併願できないのです。意味が分かりませんが、とにかくできないのが事実。で、どちらを受けようかと迷っています。

昨日、2級の過去問をやってみました。答え合わせをすると文法問題でミスが多く、書き取り問題では「é」とか「ô」みたいなチョンを付け忘れまくっていました。結果、合格ラインあたりの微妙な点数でした。

うーん、準1級とか言っている場合じゃないかな。油断していると2級にも落ちそう。。。

やっぱり、今回落ちることだけは避けたいですよね。もし今回失敗すると、この次の試験が春。つまりはその結果が出る来年の夏までフランス語の資格がないんです。やっぱり、せっかくなので早めに資格はほしいですしね。

ということで、やっぱり2級かな。しっかり勉強して確実に取りたいと思います。
posted by まっつん at 23:39| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

大阪人は本当にせっかち?

以前、7月10日の記事「大阪で感じた色々なこと」で、「みんな信号無視をしまくって、せかせかしている」と書きました。

でもその後、「本当にみんな急いでいるのだろうか? 本当にみんなせっかちなのだろうか? 本当にただそれだけの理由で信号無視をするのだろうか?」と考えていました。

仮説1
急いでいる人というのは、約束などの時間に間に合いそうにない人なわけで、そういう人は家でぐうたらしているからギリギリになってしまって、急いでいるわけです。ということは、「急いでいる人=せっかちな人」ではなく、「急いでいる人=ぐうたらな人」の方が正しいかもしれません。

仮説2
大阪というのは元来商売人の町です。商売人というのは、やっぱり稼ぐ人です。稼ぐためには、カメルーンのようにのんびりと非効率的にやっていては稼げません。お金だけでなく、時間も稼いで効率よくしないと。ということで、そういう商売人気質が伝統的に大阪の文化として大阪人にしみついており、少しでも時間を稼ぐためにみんな信号無視をしているのかもしれません。

仮説3
これも仮説2に似ています。これは父が言っていたのですが、元来商売人気質の大阪人は「損得勘定」で物事を考えます。
例えば信号が赤なので歩行者の自分は止まっています。でも車が来る気配はありません。この時、「渡らな損」という考えが頭に浮かんで、「信号を無視して渡る」という行動に結びつくというのです。なるほど、これもあり得ますね。

ということで、どれが正しいかは分かりませんが、ただ単純に「大阪人はせっかちだ」というだけで信号を無視したり、せかせかして急いだりしているのではないような気がします。何気ない信号無視という行動も、深く考えるとそれは大阪の伝統文化も絡んだ面白い現象だと言うことができるでしょう。
posted by まっつん at 00:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

大阪を満喫

協力隊の友人・仲間というのは日本全国に散らばっています。ということで、普段はなかなか会えませんが、でも考えようによってはこれはとても嬉しいこと。僕の場合、北は北海道から南は沖縄まで友達ができました。いつか、友達を訪ねて国内旅行にも行きたいなと思います。

逆に、大阪を訪ねてきてくれる友人もいます。これまで、2人が来てくれました。そして、7月31日、8月1日・2日の3日間、北海道よりカメルーン同期隊員のKが大阪に来てくれました。

3日間、Kと共に、関西に住む別の元カメルーン隊員と会ったり、ベナンやガボンに派遣されていた同期隊員たちと会ったり、一緒にミナミなど大阪の観光名所を訪れて、食べ歩きなどをして、大阪をこれでもかというぐらいに満喫しました。

こうして、人が来てくれるというのは、やっぱり嬉しいですね。

そして、ただ観光案内をしただけでなく、僕にとっても大阪を再発見するいい機会となりました。

大阪、いいところですね。改めて好きになりました。


通天閣のビリケンさん。
R0010024.JPG

道頓堀をクルージング。
R0010031.JPG

大阪名物、いか焼き!
R0010044.JPG
posted by まっつん at 14:29| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

タイトルを変更

いきなりですが、タイトルを変更しました。

「J’adore les bananes」にもちょっと飽きたので、
「何か新しいものはないかな〜」と前から考えていました。
でも特に思いつかないので、とりあえず「日日是好日」を採用しました。

「日日是好日」は、簡単に説明すると、
晴れの日も雨の日もどんな日でも、毎日を楽しく前向きに捉えていこう
という意味です。

そして、森下典子さん著の『日日是好日−「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』という本が僕は好きなんです。だからこの言葉がとても気に入っています。本は今では新潮文庫からも出ているので、気になる人は読んでみてくださいね。

ということで、これからはとりあえず「日日是好日」でどうぞよろしくお願いします。

posted by まっつん at 16:54| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。