2009年02月21日

カメルーン山マラソン当日(Le jour du Course de l'espoir [Race of hope])

ついにこの日が来ました。第14回カメルーン山マラソン。カメルーンに赴任が決まった一昨年の8月から調べていて出ようと思っていた大会。僕の中でも、そしてカメルーンの人々にとっても一大イベントです。


<カメルーン山マラソンとは>
ここでまず簡単にレースについて説明します。
1. コース
ブエアの中心にあるサッカー競技場がスタート地点。そこから町の中を山に向かって走り抜けます。そして登山道に入り4095mの頂上を目指します。スタートから頂上までの全長は約21キロです。それを往復してゴールはスタート地点の競技場です。

スタート(競技場)
↓ アスファルトの道。町の中ですが、ひたすら上り坂で約7キロ。
登山道手前(標高約1000m)
↓ 森林地帯。走れない角度の坂が増えてきます。土の道です。
第1ハット(1865m)
↓ 途中までは森林地帯。そこを抜けるとサバンナ地帯で傾斜は40度くらいです。
第2ハット(2852m)
↓ 引き続きすごい傾斜の岩道です。最大の難所。
第3ハット(3775m)
↓ ここを越えると頂上まではなだらかな坂の溶岩地帯です。でも強風で寒いです。
頂上(4095m)
↓ 来た道を降ります。
ゴール(競技場) 

2. 制限タイム
プロでない僕のような一般ランナーにとって、最大の壁が第3ハットの小屋(3775m地点)まで4時間以内という制限タイムです。ここで時間を越えてしまうと、そこまでたどり着いても失格。頂上には行かせてくれません。だからここを4時間で通過するというのが完走できるかどうかの別れ道で最大の目標と言えるでしょう。そして頂上までには5時間以内、ゴールまでは9時間が制限タイムです。
ちなみに、日本の山岳レースの最高峰、富士登山競走では8合目までに4時間、頂上までに4時間30分が制限タイムです。あの大会も完走率半分の厳しい大会ですが、このカメルーン山マラソンは制限タイムの設定度合いから言っても富士登山競走と同等以上の世界屈指の過酷なレースと言えるでしょう。

3. 年齢制限
この大会には年齢制限があります。19歳以下と35歳以上は出られません。19歳以下は子供の部で、35歳以上はベテランの部があります。これらは第1ハットぐらいまでしか行かない短いレースです。他にリレーもあります。3人1組で頂上まで往復するようです。

4. 賞金
上位5位までは賞金が出ます。1位は300万CFA。日本円で60万円。大金ですね。

5. 給水など
給水はすごくしっかりしていて、各チェックポイントだけでなく、山の中腹の何もないようなところにも係の人がいて、ミネラルウォーターをくれました。量も全く問題なかったと思います。
そしてレース前の健康診断もすごくしっかりしているし、レース後のケアもすごく丁寧でした。これはすごく安心できました。



<レースの模様>
さて、スタート前にいきなりハプニングです。スタートが朝7時なので6時に競技場に行くと、なんとほとんどみんなゼッケンをつけて、Tシャツももらっています。聞くと、昨日の真夜中に配ったそうです。僕は「ここまで来てスタートできずに失格か?」とめちゃくちゃあせりました。他にも30人くらいの人が僕と同じようにもらえてなくてみんなあせっています。そして結局、僕はスタートの5分前、6時55分にやっとゼッケンと参加賞のTシャツを入手。それからドタバタして荷物を同期隊員に預けたりしていたらいきなりスタートしていたのでスタートしました。まあまずは無事に出走できて良かったです。
ちなみに僕のゼッケンは684番。参加者は約700人ぐらいです。

toujitu1.JPG

090221 (4).JPG
(写真かざまん提供)


先頭はやっぱりめちゃくちゃ速い! テレビでやっているプロのマラソン大会のようなレベルです。この大会、遊びじゃない、半端じゃないです。僕は当然、先頭集団にはついていけないのですが、制限タイムが相当厳しいのであとの事を考えずに僕なりに飛ばしました。競技場から登山道に入るまでの通過タイムは32分23秒でした。もうこの時点で汗だく。ふもとは暑いですね。

山に入るとまずは森林地帯。ここで順位を数えている人がいて、僕は200位ぐらい。白人(カメルーンでは黒人以外はみんな白人と言われます)ランナーはフランスやアメリカから10人ぐらい出ていたのですがその中で2位でした。そして第1ハット(標高1865m地点)の通過が1時間32分20秒。ここで通過の印として小さな布切れをシャツにつけてもらいます。

森林を抜けると岩場地帯。走れない角度の坂をひたすら登ります。そして第2ハット(標高2852m地点)の通過は2時間45分26秒でした。

コースは急な坂の岩場がひたすら続きます。ここで、次の第3ハットを制限時間内で走るために最後のクソ力を見せました。手足を使いながら足のテンポをゆるめずどんどん登ります。前のランナーも結構抜きました。白人トップを行っていたアメリカ人も抜いて白人でトップになりました。でも第3ハットがなかなか見えてきません。時計はスタートから4時間にだんだんと迫ってきます。「3時間57分、あぁ、もうだめかな…」と思って完走をあきらめかけました。そして次の岩をよじ登ると、ありました! 白い小屋、第3ハット! 時計を見ると…、なんと4時間を超えています! ダッシュで係の人のところに行き、通過の印の布をつけてもらって先に進むことができました。いやぁ、ギリギリ。というか本当は少し制限タイムを超えていたけどおまけで通らせてもらいました。通過タイムは4時間00分28秒でした。多分、僕のあと10分ぐらい遅れて来た人たちまでおまけで通過させてもらったみたいです。でもそのあとの人たちはそこで失格で帰らされたみたいですね。

さて、いよいよ頂上へ。ガクガクの足をひきずりながら最後の一踏ん張り! そしてついにいよいよ登頂! 4時間26分。登頂の印の布をつけてもらってガッツポーズをしました!

さて、次は下山です。しかしほぼ全筋力を使い切った状態で足はガクガク。踏ん張りの利かない足で最大40度の坂を降りていきます。当然何度も転倒。マンガのように思いっ切り吹っ飛びました。右ヒザを痛め、左ヒザを痛め、体はすり傷だらけ。そして頭を岩にぶつけて、僕は正直「これは死ぬ」と思いました。周りのカメルーン人は強靭な足腰でその岩場を猛スピードで飛び降りて下山します。彼ら、彼女らは本当に超人です。でも僕はタイムよりも身の安全を優先させてそおっと歩いて降りました。

そして森林地帯に入ったあたりから走れる足場になったので、再び走り出しました。町に入ると、沿道の人はもうほとんどいなかったのですけど、それでも町の人が「Courage !」と声をかけてくれました。そしてゴール。タイムは7時間49分41秒。163位でした。

toujitu3.JPG
(写真かざまん提供)


走り終わったら係の人に抱きかかえられてタンカに寝かされました。そしてそこから全身がしびれ出して約30分間ほとんど動けず。なんだこりゃ? こんなの初めてでした。でも看護婦さん4人がかりで介抱してくれて(多分、後ろの方だったのでもうゴールする人があまりおらず暇だったのでしょう)、手足の傷も消毒してくれて、とても手厚い看護でした。


いやしかし、こんなきついマラソンは初めてでした。日本の富士登山競走よりもきつかったです。でもすごく充実した、満足した1日でした。ちなみに男子優勝は4時間ぐらい。女子の優勝でも5時間ぐらいだったそうです。カメルーン人、超人です。
全部で完走したのが170人くらいだったので僕は完走者の中ではだいぶ後ろの方だったけど、とにかく完走できて、そして無事に生還できて、本当に良かったです。
そして応援に来てくれた2人。仕事休んで前日から来てくれました。本当にありがとう!


<各ポイント通過タイム>
登山道手前(標高約1000m)32分23秒
第1ハット(同1865m)1時間32分20秒
第2ハット(同2852m)2時間45分26秒
第3ハット(同3775m)4時間00分28秒
頂上(同4095m)4時間26分26秒
ゴール競技場 7時間49分41秒
posted by まっつん at 21:00| Comment(7) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

カメルーン山マラソン前日(La veille du Course de l'espoir)

標高4095mのカメルーン山のふもと、ブエアに来ています。
1年に1回の大イベント前日ということで、町にもランナーが目立ちます。前日のこの日は病院で健康診断を受けました。

zenjitu.JPG


多くの人が並んでいたのですけど、外国人特権みたいなのがあるのか気を使ってもらって、近くにいたアメリカ人と一緒に先に受けさせてもらいました。

このあとはゼッケンと参加賞のTシャツを受け取る予定なんですが、でもここがカメルーン。どこで何時に配布しているのか係の人も誰も知らず、「この病院で16時」、「いや、競技場で16時」、「いやいや、競技場で明日の朝4時」、「いやいやいや、町のスポーツ用品店で今晩」などなど、情報が乱れ咲きます。夕方まで病院で待っていたのですが、「どうもこの病院じゃなさそうだ」ということで待っていた人たちみんなでスタート地点の競技場に行くと、何かイベントが行われていました。そして参加賞のTシャツを着ている人がちらほら! 聞いていみると、今朝配られてなくなったとのこと。なんとまあ。。。そしてゼッケンはまだどこで配るか分からず。ということであきらめて宿に帰って食事をしました。

そうそう、この日は同期隊員のかざまんとしんじが応援のためにブエアに来てくれました。とても心強いです。そして病院で待っている途中に数多くのランナーとも出会いました。そのうち1人はブランドンというカメルーン人。フルマラソン2時間10分、ハーフマラソン1時間4分という世界レベルのプロのランナー。でもこの人でも過去に3位が最高で、記録は4時間20分だと言っていました。明日の大会、ものすごくレベルが高そうです。僕も何とか完走できるようにがんばります!

zenjitu2.JPG


スタート地点の競技場辺りからの撮影。
後ろにうっすら見えるのがカメルーン山。あれを往復します。
と、とおいですね…。

zenjitu3.JPG
posted by まっつん at 21:00| Comment(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。