ブログという場所

はい、ということで、いきなりの5年ぶりの投稿でした。

なんで書かなくなったのかは覚えていません。仕事が忙しくなって投稿間隔があいて書く習慣がなくなったか、あるいはFacebookだけで満足していたか。
でも最近のFacebookの投稿は全体の傾向として、文章が減って、写真とそれの短文コメント、ぐらいが多くなっている気がします。インスタグラム的な。Facebookをパソコンではなくスマホでやるようになっているからではないかと勝手に推測しています。スマホでは長文を書きづらいし、読みづらいし。

実は久々投稿(一つ前の記事)のあの長文を、最初はFacebookにあげました。自分の考えていることを文章にして投稿してみたくなったのです。写真+短文コメント(今、○○してるよ!的な)ではない投稿を。

でも投稿後、なんだか違和感がありました。「もっと見る」ボタンを押した後に伸びるあの長文。Facebookでは長すぎました(笑)。「面白い」とコメントくれた友人もいましたが、特にスマホでは、あんなの読む人はいないでしょう。かくいう僕も、Facebookでは他人の長い投稿はしっかり読まないので・・・。

話はそれますが、前の投稿にも少し書きましたが、スマホ時代になって情報に触れる機会がさらに多くなっている気がします。いつでもどこでもチェックできますからね。情報の洪水ですね。その色々と拾う情報の中にFacebookの投稿もありますけど、長い文章は「げっ」ってなって普通は読み飛ばしますわね。他にも読むものとかメッセージ返信とか、スマホではやることがいっぱいありますからね。
ということで、Facebookは近況報告程度、考察とかの長い文章は別の場所で、という風に住み分けするのがいいのかなと思いました。

かつては(と言っては失礼ですが)ちょうど良い場所としてMixiを使っていました。これも友人たちがすっかりログインしなくなったので自分もログインしていませんが、スマホが流行り出す前、Mixiではみんな結構長い文を投稿していました。絵文字とかも使って凝りながら。僕も書きたいことはそこで書いていました。今はそういうちょうど良いのがないですよね。

Facebookにはノート機能もありますけど、それならブログの方がいいんじゃないかと思いました。
そこで思い出したのがこのブログ。数年ぶりにログインしたけども、消えずに残っていました。そして結構な数の投稿数。主に協力隊時代ですけれども、こんなにいっぱい考えて、それを文章にしていたのですね。内容はさておき、我ながら感心しました(笑)。

このブログは協力隊とか国際協力の色が強いので、別のブログで一から始めようかとも思ったのですが、まあ5年も空いているし、その間に新デザインシステムかなんかにseesaaがチェンジしていて、ブログの雰囲気も一新できているので、あまり気にせずにここに好きなことを書いていこうと思いました。好きなことを書いていけば、そのうちそういう趣旨のブログにブログ自身が変わっていくでしょう。

自分の考えをまとめて文章にして投稿してみたくなったきっかけは、スマホで情報収集しつつ色々と考えていたことを、翌日になって忘れていたことでした(笑)。
「あれ、なんかすごいいい考察していたのに、なんだっけな」と。
記憶力の低下、老化の始まりかもしれませんが、書いて残していかないと忘れてしまうなと思いました。
そして残すことで、後で読み返して「あの時こんなこと考えていたんだ」と再確認できることもいいなと。5年ぶりに自分のブログを見てそう思いました。娘も大きくなったら読んでくれるかもしれないですしね。深いことは書けないと思うけども、まあ自分なりに書いていければと思います。

そうそう、いきなり娘が登場しましたが、この5年間でスーダンのプロジェクトは無事に終了し、結婚して、娘が生まれ、今はブルキナファソのプロジェクトに関わっています。日本とブルキナファソを行ったり来たりの生活です。

この記事へのコメント