2012年07月29日

言語の事情

スーダンに来て早一ヶ月です。
仕事は、事務処理はなんとかこなしているものの、まだまだプロジェクトのことを完全に把握できておらず、手探りでやっているという感じです。早く慣れて、プロジェクトの力になれればと思います。

さて、今日はスーダンでの言葉について。
当たり前と言えば当たり前なのですが、スーダンではアラビア語が公用語で、英語も一応公用語となっていますが、街中では英語を話せる人はほとんどいません。仕事をしている農業省内でも、英語を話せる人は半分もいないと思います。

やはりアラビア語という言語が相当に強い言語なのだと思います。歴史もあるし、アラビア語での書物もいっぱいありますし。スーダンでは、学校教育(小学校〜大学)もアラビア語で行われているそうです。街中で売られている本もアラビア語の本ばかりです。テレビもラジオもアラビア語ばかり。
この状況は、日本と似ているのかもしれません。日本も英語をペラペラと話せる人は少ないし、教育も日本語で行うし、生活も仕事も日本語、書物もテレビも日本語ばかりです。

ただスーダンにも、カメルーンのような200以上の民族とは言わないまでも、いくつかの民族がいます。でもおそらくは、アラビア語だけで会話をしているような気がします。つまり、アラビア語が人々の母語になっているのではないかということです。

もしそうであれば、これはカメルーンではありえないことで、カメルーンではまずそれぞれの民族の言葉があってそれが母語があり、そして国の共通語としてフランス語や英語がありました。でもこの国では、アラビア語は共通語というレベルではなくて、むしろ人々の母語のような気がします。それだけ、昔からアラビア語が浸透しているということでしょうか。すごいですね、アラビア語。

このような言語の事情だけでも、同じアフリカ大陸でも、ところ変われば全然違うのだなと感心します。

さて、そんなアラビア語の国で、僕も少しずつですがアラビア語を身に付けていっています。なんせ、買い物もタクシーも、アラビア語ができないと何一つできませんから。基本的な数字やあいさつなどを中心に、1日1単語を目標に、アラビア語も少しずつ話せるようになればと思います。

でも、その前に英語が至急の課題です!
プロジェクトは英語で行われていますが、4年間使っていなかった僕の英語が相当に錆びついていて、自分でも情けないくらいです。語彙や言い回しも相当に忘れているし、何か話そうと思ったらフランス語がパッと頭に思い浮かんでしまい、それを英語に訳して話しているという感じです。だから会話も遅い。

英語を取り戻して、そしてさらに磨いて、さらにアラビア語も少しずつ身に付けながら、またフランス語も忘れないように維持したい、なんて贅沢でしょうか。

まあまずは、緊急の課題の英語をがんばります!

写真は、ブルーナイル川沿いの景色です。
IMG_0524.JPG
posted by まっつん at 23:37| Comment(2) | スーダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヨルダンの和さんです。
パレスチナ難民局勤務、美術隊員です。

ヨルダン方言のアラビア語とスーダン方言は
またずいぶん違うでしょうね。

10月には帰国し、どうやってアラビア語を
キープするかが緊急課題?!です。

とつぜんのお便り失礼しました。
Posted by at 2012年09月08日 07:21
和さん
コメントありがとうございます。アラビア語は全然詳しくないですが、各国の方言が全然違うみたいですね。スーダンも、お隣のエジプトとは違うみたいです。
語学のキープは大変ですよね。僕もフランス語学校に通って何とか落ちないようにはしていましたが、上げるのは結局できませんでした。
がんばってください。
Posted by まっつん at 2012年09月16日 04:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。