2009年12月31日

2009年を振り返る(Évènement de l’année 2009)

2009年も残すところあとわずか。今年も様々なことがあった1年でした。協力隊の派遣2年間のうち、7ヶ月目から18ヶ月目というちょうど真ん中をすごして、ずーっと海外という1年でした。カメルーンでの不安がじょじょになくなってきて、生活も活動も満喫できるようになってきたそんな1年。ということでその2009年を振り返ってみようと思います。


<1月 カメルーン山登山>
年越し、初日の出はカメルーン山でした。隊員7名で臨んだ標高4095mのカメルーン山登山。景色の美しさに感動しました。今のところ、カメルーンのお勧め観光地のNo.1です。

<2月 カメルーン山マラソン>
高低差3000m、気温差30度、全長42km。2月21日、世界屈指の山岳レースであるカメルーン山マラソンに参加しました。結果は7時間49分、163位で完走。
しかしこの大会はものすごかったです。半端じゃありませんでした。僕が出た中で一番過酷なレースでした。そして今思っても、本当によく完走できたなと自分でも感心します。

<3月 ケニア研修>
8日〜15日、ケニアにてPCMの研修がありました。東、南アフリカの国々から村落開発普及員などの職種の人たちが集まっての研修。研修自体すごく中身が濃かったと共に、僕にとってはカメルーン生活9ヶ月目にして初のカメルーン脱出。ケニアの首都ナイロビは都会で、日本食などをたらふく楽しみました。そして各国の隊員との交流も楽しかったです。

<4月 ンゴロへ引越>
電気・水道・携帯電波のないキャンプ場のような場所から、郡の中心の村へ引越したのが4月。結構のほほんとしていて、精神的なストレスに相当強いであろう僕ですが、今思い返しても、ほとんど電気が使えず、配属先との共同生活だったキャンプ場生活は、精神的にかなりこたえていたみたいです。
そのキャンプ場生活から、公共の電気や携帯の電波は相変わらずないものの、夜に発電機が4時間ほどつくンゴロでのホテル生活へ。ホテルの人たちもいい人たちで、生活はだいぶ楽しくなりました。

<6月 マラリア>
これはかなり苦しかったです。僕の感覚ではインフルエンザの3倍はしんどいです。引越先のンゴロには蚊が多かったという事実に加えて、仕事場まで往復40キロの道のりを自転車で往復などしたりして、体力的にも無理をしたのがいけなかったのでしょう。健康であることの大切さを痛感しました。

<7月 原爆展>
1日〜5日まで、他の隊員が主催した首都ヤウンデでの原爆展をみんなで手伝いました。普段は個別で活動しているけど、こうしてみんなで協力して何か1つのことを成し遂げるというのはやりがいもあり楽しいことでした。また色んなカメルーン人に会えたし、本当にいい経験でした。

<9月 任地変更>
今年最大の出来事はこれ。任地変更とはただ単なる引越ではなくて、住む場所も配属先も変わるということです。
任地変更になった引き金は8月に予定していたセミナーをめぐっての意見の対立ですが、その前から、もう昨年の12月ぐらいから配属先との間にずっとわだかまりがありました。
カメルーンに来てから1年3ヶ月目での決断。2年間を丸々使っても結果を残すことは難しいと言われている協力隊の活動なのに、残り任期は9ヶ月。たった9ヶ月でゼロからスタートするというのはかなりの賭けだったけど、思い切って任地変更しました。
結果は良かったのか悪かったのか。たぶん、協力隊の2年間が終わってみないと分からないけど、今の任地・配属先はボランティアにすごく理解があって、自分のやりたい活動を自由にやらせてもらっている感じがします。前のところでは常に悶々としていたのが、今のところでは楽しく充実した気分でいます。
ただ、前の配属先にとっては初めて受け入れる日本人のボランティアが僕で、JICAがどんなところか、協力隊が何かとか、何も分からなかったと思います。だから、僕をどうやって扱ったらいいか分からなかっただろうし、また活動地でも、2005年に組織したばかりの団体だったので、どうやって活動していったらいいか配属先自体も模索中だったと思います。
一方の僕も、元々要請内容があいまいだったということもあるけれど、とにかく何をしたらいいのか全く分からない状態でカメルーンに来たし、協力隊派遣の始まったばかりのカメルーンでは僕ら20年度1次隊とその3ヶ月前に派遣された19年度4次隊の世代が村落開発普及員の初代世代。だからどうやって活動していったらいいのか、よく分からない状態がしばらく続いていて、配属先同様、僕も活動スタイルを模索していました。
そんな状態だったので、前の配属先からしてみれば、僕はすごく頼りなく見えたと思います。すごく真面目な団体だっただけに、もっと僕に経験と自信があれば、結果は違ったであろうし、前の配属先のためにもっと貢献できたのではないかと思っています。

<10月 セネガル任国外旅行>
セネガルに行きました。セネガルには駒ヶ根訓練所時代のクラスメートが3人もいるのです。任地変更したばかりだったので、10日弱しか行けなかったけど、すごくいい旅で、気持ちもリフレッシュできました。また同じアフリカでもカメルーンとは違う面もあり、新しい発見もありました。

という1年でした。目標だったカメルーン山マラソンを完走し、真ん中で大病をしたけど、3月と10月に海外に行ってちょうどいいタイミングでリフレッシュもできました。そして、任地変更後の活動も充実しています。



2010年はどんな年になるのか。あと半年でカメルーンでの任期が終了。まずは1つでも多くのことをカメルーンに残したいです。
そして帰国後の半年。協力隊の生活は日本よりも大変だけど、ある意味身分的には守られています。けどこれが終わると僕はニート(この言葉、もう時代遅れ?)になるわけです。これから先の行き方を模索していかねばなりません。
でも人生をどう進んで行こうかと考えるとワクワクしますね。日本は大不況らしいけど、自分らしく進んでいきたいです。
posted by まっつん at 17:00| Comment(1) | 協力隊 思ったこと・考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。突然のコメント、失礼します。
活動、お疲れ様です。
現在、協力隊で南アジアで活動している者です。
任地変更についてお聞きしたいことがあります。
自分から調整員の方に相談し、変更可能なのでしょうか?
Posted by mari at 2013年09月09日 03:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。