2010年07月25日

タイトルを変更

いきなりですが、タイトルを変更しました。

「J’adore les bananes」にもちょっと飽きたので、
「何か新しいものはないかな〜」と前から考えていました。
でも特に思いつかないので、とりあえず「日日是好日」を採用しました。

「日日是好日」は、簡単に説明すると、
晴れの日も雨の日もどんな日でも、毎日を楽しく前向きに捉えていこう
という意味です。

そして、森下典子さん著の『日日是好日−「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』という本が僕は好きなんです。だからこの言葉がとても気に入っています。本は今では新潮文庫からも出ているので、気になる人は読んでみてくださいね。

ということで、これからはとりあえず「日日是好日」でどうぞよろしくお願いします。

posted by まっつん at 16:54| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

帰国して1ヶ月

日本に帰国したのが6月24日。
ということでもう1ヶ月が過ぎました。
月並みですが、早いな〜というのが印象です。

東京での帰国後研修が終わって、大阪に帰ってきてからが特に。
しばらく体を休めつつ、役所などで色んな手続きをして、荷物の整理をして、OB会に顔を出して、そんなこんなしてたら、もうすることがなくなってしまいました。

暇ですね。
そして、この「体は元気なのに、することがない」っていう状態はあせりにつながりますね。特に日本のような周りの人がみんな働いていて忙しそうな社会で暮らしていると、「僕も何かしなくちゃ」と強迫感すら覚えます。

でも今こそ、東京での帰国後研修で言われたことを思い出して、あせって変なところに飛び込まないように、10年20年のスパンで今後を見据えながら、じっくりと行動したいと思います。

最近はパートナーというJICAが運営している求人サイトをよく見ます。
http://partner.jica.go.jp/index.html
国際協力業界の求人情報ではかなり大きいサイトみたいですね。でも、今のご時勢なのか、元々国際協力業界が厳しいのか、正社員・正職員での雇用は少ないですね。また、日本で働く仕事も少ないです。2〜3年の契約で海外勤務が多いです。

まあ普通、海外に行きたがる人は少ないですよね。日本で、安定した職に就ければ安泰ですもんね。僕も個人的には日本で正社員・正職員で働きたいと思っています。僕は社会経験がまだまだ不足しているので、日本で今後につながる職歴を積みたいと考えています。でも、現実問題厳しいかもしれません。それならば、短期で海外勤務も視野に入れていかねばなりませんね。僕の場合、海外に行くことに抵抗はないし、それが今後のキャリアとして有効ならばそれも考えようと思っています。

でも、こんな悠長なことを言っていられるのも今の間だけ。雇用保険(協力隊前の前職の分)も3ヵ月後にはもらえなくなるし、貯金が尽きれば否が応でも働かないといけません。仕事を選んでいる余裕なんてないですもんね。

焦ってはダメだと分かっていても、少し焦りも感じる、帰国後1ヶ月の心境でした。
posted by まっつん at 12:27| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

健康診断の結果

帰国してすぐに受けた健康診断の結果が帰ってきました。

おそるおそる中を開けて見てみると

  ・
  ・
  ・

異常なし!
いやぁ、素直に良かったです。

前にブログに書いたように、カメルーンの健康診断で1度寄生虫が発覚したので、(駆逐済み)
「まあまたそれくらいはあるだろうな」
と思っていたのですが、何もなしとはちょっと意外だけど、まあ良かった。

帰国してから変な発熱とかもないので、マラリアも血液中にはいないようだし、カメルーンから持ち帰った病気は特になさそうです。

ホッとしました。嬉しい報告でした。
posted by まっつん at 22:19| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

日本の夏、意外に暑く感じない、過ごせるぞ!

アフリカっていうと暑そうなイメージですよね。ましてやカメルーンは赤道のほぼ近く。どんだけ暑いんだろうかと想像は膨らみますが、でも実は大して暑くありません。理由はたぶん、熱帯雨林気候で雨が多く、木々に覆われているからでしょうか。気温は暑い時で30度を超えるくらい。日本のように35度とかにはなりません。また雨季などは涼しくて、20度くらいまで下がる時もあります。

そんな快適なカメルーンで2年を過ごして、
「僕は日本の猛暑に耐えられるだろうか…」
と心配していました。

でもそれも杞憂に終わりそうです。

実は日本は最近梅雨明けして、昨日の大阪は大快晴。気温は33度まで上がり、暑い日だったそうです。でも、そんなに暑く感じませんでした。

うーん、なぜなんでしょう。少し考えてみました。

大きな理由の1つは、おそらく直射日光の強さでしょう。日本の直射日光はやっぱり弱い。今思えばカメルーンのは半端なかったです。

気温って日陰で測りますよね。暑くても気温30度のカメルーンでは、木陰に行くと涼しいのです。でも日本は日陰に行っても35度でもわっとしている。でも日なたに行っても、まあ暑いけどそれほどは日差しは強くない。一方のカメルーン。日なたに出た時はものすごい熱を感じます。まさに炎天下ですね。

うん、理由はたぶんこれ。日なたでの体感温度は日本よりもカメルーンの方が上でしょう。

ということで、意外に日本の夏もいけるぞ、と思っている今日この頃でした。
posted by まっつん at 10:45| Comment(5) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

まだ慣れないこと

昨日、日本は楽しい、いい国だ、と書きました。
でも2つだけ、まだどうしても慣れないことがあります。

まずはガンガンに冷えすぎた飲み物。
家で飲む麦茶もそうですし、どこかに食べに行っても、必ず冷たい飲み物が出てきますよね。これを飲むのがまだ大変です。
カメルーンでは冷蔵庫を持ってなかったし、村ではビールも生暖かいのが当たり前でしたからね。飲み物は基本常温でしたから、冷たい飲み物は本当に慣れません。口の中で少しためて、ぬるくしてから飲んでいます。

もう1つが冷房。
店に入ったり、電車に乗ったり、とにかくどこかに入るとほぼ必ず冷房がついていますよね。これが今の僕には厳しい。寒すぎでしょう。まだ気温30度も行ってないし、そんなに暑くないでしょうに。いつも耐えられなくなってすぐに出ます。
そして、この外と中の気温の変化にまだ体が付いていってないようで、最近ちょっと風邪気味です。

はぁ、日本、いい国なんですけどね。まだちょっと辛い部分もあります。
posted by まっつん at 20:00| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

カメルーン最大級のスーパーが自転車で5分で深夜1時まで営業

夕方6時、明日の朝ご飯がないことに気づきました。

父にたずねます。
僕「ライフ(近所にあるスーパー)、何時までやった? (夜)8時くらい?」
父「1時までや」





なんと!
プチカルチャーショックでした。そう、日本ってこんなんでしたね。遅くまで働いている人も多いですからね。
カメルーンでは、首都にカジノという名前の大きなスーパーがあります。これは裕福層のための高級スーパーで、首都に上京した時にここで買い物するのはすごく楽しみでした。プリングルスとかも買えたんですよ! 結構なんでも揃ういいスーパーです。でも営業時間は夜7時くらいまでで、日曜は午前中のみとかでした。

そしてライフに行きました。およそ2年ぶりです。
見慣れたはずのライフ。しかし、もうめちゃくちゃすごい! 売り場の面積も品揃えもすごい! 確かにカジノもすごかったのですが、ライフがややリードでしょうか。もうウキウキしながら買い物しました。

自転車5分でこんなすごいスーパーに行けて、何でも買えて、夜は1時までだからほぼいつ行っても開いている。やっぱり日本はすごい。楽しい。いい国ですね。
posted by まっつん at 23:40| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

協力隊の大阪府OBOG会

青年海外協力隊やシニアボランティアなどのボランティアはこれまで4万人近くが派遣されています。

そして、その帰国隊員(OBOG)をつなぐのが各都道府県にあるOBOG会。

今日は大阪府の協力隊OBOG会の月例会議の日でした。会場は青年海外協力協会(JOCA)の近畿支部にて。調べると、なんと家から徒歩10分の場所。「これは絶対に参加せなあかんな」と思い参加しました。

参加者は30人ほど。昔の隊次の人たちはもちろんのこと、帰国したばかりの20年度1次隊も何人か来ていたし、これから協力隊やシニアボランティアを目指そうという人たちも来ていました。

みなさん、帰国してからも国際協力や、それに限らず何か社会のためにできることはないかという思いを持っている人たちで、とてもいい集まりでした。帰国しても、こうやってつながりがあるのはいいことですね。新たな力をもらえました。そして、こういうみなさんの集まり・思いが大きくなっていけばいいし、僕も微力ながら何かに貢献できればと思いました。

(JOCA近畿支部、協力隊大阪府OBOG会ともにホームページもあるので、興味のある方は検索してみてください。)
posted by まっつん at 23:58| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

カメルーンのみんなへ愛を込めて

カメルーンを出国してすでに3週間。本当に早いものです。

さてさて、日本食の食べられないカメルーンでがんばる皆さんに、僕の大好物、ラーメンをおすそ分けです。

ramen1.JPG
大阪・梅田、北斗。昔家族でよく来てたんですよ。味噌ラーメンがおすすめ!

ramen2.JPG
大阪・中津、らいよはうす。地元です。とんこつ。これも子供の時から。個人的にはイチオシ!

ramen3.JPG
大阪・梅田、揚子江。超老舗。あっさり塩味が最高!

ramen4.JPG
大阪・梅田近く、弥七。地元の有名店。入るのに30分もかかりました。醤油、おいしいよ!


インターネット環境悪いと思いますが、できれば画像をクリックして拡大してご賞味ください。

ということで、残り任期、がんばってください!
posted by まっつん at 07:43| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

大阪で感じた色々なこと

6月28日に書いた「東京で感じた、日本のいろいろ」に引き続き、2年ぶりの地元大阪で色々と気づいたことを今日は書いてみようと思います。

★ みんなせかせかしている。
一番感じることがこれです。みんなすごく急いでいるんですよ。信号は無視するし、目の前で信号が変わりそうになったら走るし。のんびりしたカメルーンで過ごして、東京に着いて、「あれ、日本人も意外にせかせかしてないな」と感じたのですが、大阪はやっぱり例外でした。めちゃくちゃせかせかしています。
なので仕方なく、「郷に入れば郷に従え」ということで、特に急いではないけど僕も信号無視しています。なんか、信号無視しなきゃ悪いみたいな感覚になりますね。

★ 交通はカメルーンより危ない?
車で強引なやつが多い。カメルーンではみんな強引なので、歩くときにかなり気をつけていたから逆に安全でしたが、大阪では「さすがに日本だから」と安心していると、たまにカメルーン並みのやつがいるので、冷やっとする場面があります。気を抜けません。
あと自転車が狭い路上を暴走。上のせかせかしているのと相まって、飛ばしている自転車が多いのでめちゃくちゃ怖いです。

★ みんな話したがりでサービス精神旺盛?
まずはデジカメを買ったお店にて。店員のお姉さんに迷っていた2つのデジカメの性能の違いとかを聞いていたのですが、僕が「でも、今日はこれ特売なんですよね?」と聞くと「そうなんですよ。私買った時は3万7千だったんですよ。もう、『ちっ』て感じですよ〜」とお姉さん。「いやいや、あんたの事情は聞いてないよ」と思ったのですが、やっぱこれが大阪魂ですよね。自分のことをネタにして会話を盛り上げるというか、みんな自分のことを話したがるというかね。「あっ、大阪、こんなんやった」って思い出した瞬間でした。
その後、役所でも手続きの間にちょっと軽くおしゃべりしたり、そこら辺の店に入っても「今日、暑いね〜」っていきなり雑談が始まったり。
みんなしゃべりたいっていうか、お客として来てもらってるのにただ接客だけで終わるのは申し訳ないって思うんでしょうね。なんか、この辺はしゃべり好きのカメルーン人と似ていて嬉しいです。

以上、大阪で感じた主なことです。
posted by まっつん at 23:29| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

帰省後の手続きも着々と

今週は役所などで手続きの日々。

月曜:区役所に行って住民票を入れる。やっと住所不定から脱出。

水曜:ハローワークへ。協力隊以前に働いていた分の雇用保険受給の手続きをすませる。

木曜:もう1度区役所へ。国民健康保険に加入。これでやっと歯医者に行ける。

ということで、やるべき手続きも大体終了しました。
posted by まっつん at 21:00| Comment(0) | 協力隊 帰国後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。