2009年を振り返る(Évènement de l’année 2009)

2009年も残すところあとわずか。今年も様々なことがあった1年でした。協力隊の派遣2年間のうち、7ヶ月目から18ヶ月目というちょうど真ん中をすごして、ずーっと海外という1年でした。カメルーンでの不安がじょじょになくなってきて、生活も活動も満喫できるようになってきたそんな1年。ということでその2009年を振り返ってみようと思います。 <1月 カメルーン山登山> 年越し、初日の出はカメル…

続きを読む

卓球大会 et 隊員総会(Ping-pong et Réunion générale des volontaires)

昨日の27日は卓球大会 à la JICA。隊員総会前日ということで、ほとんどの隊員が参加して行われました。大使館からも来てくれました。カメルーンでは、隊員主催で定期的に卓球大会をしています。 そして今日は隊員総会。隊員総会は年に2回。各隊員の活動報告や隊員間での協議、隊員と事務所の協議など様々。まあ1日がかりなので疲れました。 それにしても体調がいまいち。夏バテ気味で…

続きを読む

仕事納め(Terminer mon travail cette année)

僕の任地での活動も今年は今日が最後。今年の最後は、いつもマネージャー役をやってくれているよっちゃんのGICを訪問し、畑などを見学しました。 GIC訪問もこれで一区切りつきました。GIC訪問はある意味、一緒に働いてくれるパートナー探しのようなもの。すでに一緒に活動してくれている、あるいはこれから一緒に活動しそうなGICもいくつか見つかったし、来年、任期終了までの半年間は、彼らと一緒に活動して…

続きを読む

サプライズプレゼント(Cadeau surpris)

今日はノエル。村は思いっきりお祭りモード。しかし、ノエルはキリスト教徒にとっては神聖な日かと思っていたのですが、村人にとってはよくあるお祭りと一緒のようです。朝から飲んで、食べて、話して、そして踊っています。 そして僕は少し疲れてしまいました。僕は別にキリスト教徒ではないけど、こういうノエルのような神聖な日は、おいしい料理を作って、きれいな音楽を聴いて、読書でもしながら静かに過ごしたかった…

続きを読む

カメルーンでも12月は師走(Décembre est occupé même au Cameroun)

クリスマスイブの今日まで仕事。GICを訪問して、一緒に何かできるか話し合いをしました。僕、最近がんばっているような気がします。ただの自己満かもしれないけど、活動できていることで気持ちが充実しています。 さて、今日はクリスマスイブということで、キリスト教徒がほとんどの僕の村では1年で1番の盛り上がりを見せています。ちなみにクリスマスのことをフランス語ではノエルと言います。前に、若者がほとんど…

続きを読む

帰国まで半年で帰国後どうする?(Qu'est-ce que je vais faire dans la vie après avoir rentré au Japon)

カメルーンにいるのは残り半年ちょうど。そろそろ、帰国後どうしようかと考えています。 カメルーンに来る前、協力隊に来る前は、とある英会話スクールで働いていました。その前は、大学院に通っていて修士号を取りました。協力隊の応募は3度目で、学生の頃からの目標であったのと同時に、今後国際協力の世界に入っていくためのステップとしても考えていました。だから、帰国後はこの協力隊の経験を生かして国際協力の世…

続きを読む

農産物展示会(Exposition des produits agricoles)

今日はCEACの中央州代表、マダム・タタさんが関係する農産物展示会が首都で行われたので見に行ってきました。 出品は、普通の農産物から加工品まで様々。特に今、僕の興味は加工品に向いていて、ジュースやジャムをはじめ、ドライフルーツや乾燥させた野菜、肉の干物まで、様々なものがありました。 なぜ加工品かというと、カメルーンは食料の面に関しては本当に豊かで、野菜も果物も豊富にあ…

続きを読む

石けん作りセミナー3回目(Troisième séminaire de la fabrication du savon)

石けんセミナーは早くも3回目。今日はレモンやアロエベラを混ぜ合わせた、いわゆる化粧石けん(Savon de toilette)作りをしました。 何も混ぜないシンプルな石けんも、オプションを加える化粧石けんも作り方の基本は同じ。ただ水の量を少しいじるだけ。例えばレモン汁200mlを加えるなら、水の量を200ml減らす、という具合にすればいいだけです。 アロエベラを取り出す参加者。 …

続きを読む

カメルーンで冬を感じた(J'ai senti l'hiver au Cameroun)

昨日、2人の隊員が来ましたが、僕の任地での滞在は約3時間ほど。そう、僕の家のキャパの都合で泊まれないのです。そしてその2人は「この後バチング(Batchingou)に行く」というので、全然予定していなかったけど僕も勢いで一緒に行くことにしました。バチングは去年の12月に訪れて以来2度目。ここには村落の先輩隊員が住んでいます。 しかし、このバチングが寒い寒い寒い! しまった、忘れていた! …

続きを読む

任地の観光資源(Ressources touristiques au village)

今日は2人の隊員が僕の任地に遊びに来てくれました。 しかし、たいていの任地には観光できる、ちょっとした見る場所があるのですが、僕のところには正直何にもありません。ただの村なのです。 昨日、隣の家に住む1つ上の仲の良いオノレ君に相談しました。「明日友達が来るんだけど、どうしたらいいだろう? ここには何もないよ」。2人で考えた末に、「村だから村を体験してもらおう」ということで、たまたま彼の家…

続きを読む