ことはそううまくいかない(Ça ne va pas bien.)

今日から配属先のディレクターと一緒に近くの村を訪問し始めました。 しかし初日の今日、さっそくがっかりしました。 最初の村を訪れた時、そこの偉い人と話していました。すると、「君はボランティアだからお金がないのは分かっている。でも、君は資金援助してくれるところをどこか知っているだろう? そこを紹介してくれ。そして一緒にプロジェクトを立てて、それに君のサインをくれ。そうすれば通りやすい」だって…

続きを読む

引越(Emménagement)

ついに引越の日を迎えました。ンゴロ郡に来て約1年と2ヶ月。あっという間に感じます。活動上では色々とあったけど、この任地はすごしやすくて好きだっただけに、やはりさみしいです。 今日は車は約束の時間通り、朝の7時に来ました。 荷物を詰めてこんな感じ。 さてしかしこの車、僕の引越の荷物だけを運ぶのではありません。バフィアまでは他の人や荷物と一緒です。そして…

続きを読む

約束は守られない(Ne tenu jamais la promesse)

今日は引越の予定だったのですが、僕が何度もこのブログに書いているように、カメルーンでは約束はたいてい守られません。しかし、僕は今日引越をするつもりで荷物をまとめていました。バカでした。そして頼んでいた車は来ませんでした。 ンゴロでは適当にその辺の車を拾うことができません。まず車の絶対数が少ない。しかもムチャクチャな中古車ばかりで、ちゃんと登録してある車は少ない。郡内を移動するならまだしも、…

続きを読む

牛ツアー@Nditam(Voyage à Nditam)

Babaさんはイスラム教徒で、Ngoro(ンゴロ)で最も信頼されている商人の1人。彼の店で品物を買えば質は間違いないと評判です。そしてめちゃくちゃ優しい。卵を買ったり、ビスケットを買ったり、いつもお世話になっています。こんな店です。 さて、イスラム教徒は元々遊牧民だった人が多いようで、彼らの特技は牧畜。Babaさんも遠くの山で牛を飼っているそうで、「いつか牛を見に連れて行ってあげる…

続きを読む

いつものンゴロ(Ngoro ordinaire)

普段のンゴロ。今日はそれを紹介したいです。 今日は週1回のマルシェ(市場)の日。まずはマルシェの様子から。 ここがマルシェの入り口。 野菜。 肉。 魚を焼いているお姉さん。 服や雑貨も。 ベニエ(ドーナツ)も買えます。 続いて、これはンゴロのメインストリート。朝7時。 …

続きを読む

きれいな景色(beau paysage)

今日は天気が良かったので、この前にランニングした時にきれいだなと思った場所にカメラを持って自転車で出かけました。 まずはサバンナ。カメルーンは国の南の地域が熱帯雨林で北は半乾燥地帯。アフリカで見られる様々な気候を1つの国で持っている国です。僕の住む中央州のンゴロは熱帯雨林とサバンナのちょうど境目の辺り。住んでいるところから少し行くと、こういうサバンナが見渡せる場所があります。残念ながら…

続きを読む

ラマダン明けのお祭り(Fête de Ramadan)

カメルーンにはイスラム教徒も多い。僕の住むンゴロは多分キリスト教徒と半々くらい。ということで、ラマダン(断食)明けのお祭りが今夜から行われています。ただ、お祭りと言っても花火とかがバンバン上がるわけでもない。みんないつもより食べて飲むだけ。都市部は知らないけど、田舎のンゴロではそれだけでした。でも僕もいつもよくしてくれるイスラムの人にご馳走をもらいました。そしてイスラム教徒の人たちは老若男女みん…

続きを読む

最後の村訪問(Dernière visite aux villages)

お世話になった村、ニヤディンギとニヤフィアンガを訪れました。ニヤディンギは15キロ、ニヤフィアンガは25キロ、今住むンゴロから北にある村です。 この2つの村は僕にとって特別でした。最初に住んでいた場所から最寄の村がこの2つ。「タケシー、タケシー」といつも優しく温かく迎えてくれた村でした。 両方の村とも、僕が去るということですごく驚いていましたが、最後は「僕らはさようならとは言わない。…

続きを読む

所信表明(Mon opinion)

「ボランティアとは何か?」 結局、僕は何者なのかということを、いまだにうまく説明できない。 人と会って自己紹介する時に「日本のボランティアです。村落開発普及員(Animateur des communautes rurales)です。村落開発のために働いています」と言う。するとたいてい「じゃあ今度、マイスとかマニオクのよく育つ植え方を教えてね」などと言ってくる。そう、何か農業の専門知…

続きを読む

またね(Matané)

今日、ボランティア調整員さんが任地に来ました。今住んでいる住居の解約について、いろいろと条項があるのでそれをホテルのマダムと直接話すためです。しかし、マダムはおらず…。昨日、「明日、調整員さんが来るからね」とちゃんと伝えたのですが、別のところに行ったっきり帰ってきません…。まあこんなもんです、カメルーン。約束は守られるものと思ったら大間違いですね。 さて、次にンゴロから20キロ、ニヤフィア…

続きを読む