カメルーン山マラソン当日(Le jour du Course de l'espoir [Race of hope])

ついにこの日が来ました。第14回カメルーン山マラソン。カメルーンに赴任が決まった一昨年の8月から調べていて出ようと思っていた大会。僕の中でも、そしてカメルーンの人々にとっても一大イベントです。 <カメルーン山マラソンとは> ここでまず簡単にレースについて説明します。 1. コース ブエアの中心にあるサッカー競技場がスタート地点。そこから町の中を山に向かって走り抜けます。そして登山…

続きを読む

カメルーン山マラソン前日(La veille du Course de l'espoir)

標高4095mのカメルーン山のふもと、ブエアに来ています。 1年に1回の大イベント前日ということで、町にもランナーが目立ちます。前日のこの日は病院で健康診断を受けました。 多くの人が並んでいたのですけど、外国人特権みたいなのがあるのか気を使ってもらって、近くにいたアメリカ人と一緒に先に受けさせてもらいました。 このあとはゼッケンと参加賞のTシャツを受け取る予定なんですが…

続きを読む

しょうゆのキッコーキン?(Soysause Kikkokin ?)

首都・ヤウンデのスーパーで、日本で見慣れたしょうゆを見つけました! おっと思って手に取ってよく見ると、名前は「キッコーキン」。「キッコーマン」ではありませんでした。でも製造国タイだったので、まあまあうまいんじゃないかと思って買ってみました。 ちなみに、こちら隊員連絡所にある本物のキッコーマン(業務用)。最近、カメルーンでも売り出されたようです。

続きを読む

健康料理のセミナー(Séminaire de la santé)

今日は首都のヤウンデで、配属先の活動の1つである、健康な料理のセミナーがあったので見学しに行きました。 最初は、会長がなぜ料理に気を使う必要があるのかということを約2時間、うんちくをたれます。ここは正直眠かったのですが、そのあと実際に料理を作ろうということになり、参加者15名くらいと一緒に野菜を切って料理をしました。ここはなかなか実践的で面白かったです。 そしてできたのが…

続きを読む

ンゴレマコンという村(Village de Ngoulemakong)

運動会のあと、エボロワからバスで40分の村、ンゴレマコンに行きました。ここには小学校隊員が1人いて、他の隊員3人とで訪れました。 マルシェがあり、最近新しくパン屋もできたらしいんですが、メインストリートも短く小さな村です。でも人々がセカセカしていないというか、すごくのんびりなんです。例えば僕のところでは僕が歩いていると周りのバイクが集まって来て「出発するか?」っていっぱい声をかけられるので…

続きを読む

エボロワの運動会(Fête du sport à Ebolowa)

運動会の当日。この小学校の児童数は約2000人。カメルーンでは、大きい町の小学校だったら1クラス100人とかになることもあるそうです。 さて、JICA所長やその他のお偉いさん方のあいさつが終わり、いよいよ運動会の開始です。運動会が始まると、他の小学校教諭の隊員たちが驚き出します。というのも、子供たちがきれいに整列しているし、きれいに行進しているからです。 毎回決まった順番に並…

続きを読む

エボロワに移動(Visite à Ebolowa)

南部州の州都、エボロワ。この町で活動している小学校教諭の先輩隊員がいます。彼は来月日本に帰国なのですが、活動の最後に運動会を企画していて、それが明日なので移動してきました。僕以外にも隊員が集まっていて、カメルーンの隊員の半分以上が来ています。 しかし遠かった。朝9時半に家を出て、ついたのは19時頃。でもエボロワは大きくてきれいな町で、当然夜も街頭がついていて町のイルミネーションがきれい。田…

続きを読む

三十にして立つ(L’homme qui a 30 ans prend son indépendance.)

今日で30歳になりました。10代の時に見た30歳の人は立派な大人に見えたけど、今の自分はどうなんでしょうか? 色々と経験は積んだけど、人間としての本質はいい意味でも悪い意味でも10代の頃とあまり変わっていないような気がします。30になったからといって急に変わるわけでもなく、日々の積み重ねだなと思います。 今日は朝からずっとインドカレーを作っていました。配属先の人たちにふるまうためです。日本…

続きを読む

ホテル住まい??(Je vais habiter à l’hotel ?)

ンゴロで家を探しているのだけどなかなか見つかりません。そこで1つ出た案がホテル。ンゴロには1つホテルがあるのです。JICAに聞いてみると別に問題ないとのこと。そんなんもありなんですね。ということで配属先がホテルのオーナーと話してくれてホテル側もOK。そこで試しに先週末に2泊してきました。 ホテルと言ってもそこは村。電気は夜に発電機がつくのみで、水は井戸。でもセキュリティはかなりよくて、普通…

続きを読む

男の適当料理(Cuisine au hasard)

料理って一期一会みたいなものですね。とんでもないゲテモノを作ることもあるけど、何の化学反応かめちゃくちゃうまい一品もたまに出来上がります。今日の炊き込みご飯はそんな一品で、感動で泣きそうになりました~! でもほんと適当なんですよね。みりんなんてないから適当に赤ワイン。塩・砂糖も適当。油も適当にごま油。野菜も腐りかけていた野菜を放り込んだだけ。でも、うまかったんです! お焦げの付き具…

続きを読む