卓球大会

今日は隊員連絡所で卓球大会。新隊員が到着するたびに開かれている恒例行事です。 協力隊員、JICA事務所、大使館の人たち、その他研究者や一般の会社の人たちなど、約30名の日本人が集まりました。カメルーン在住日本人は全部で50人くらいらしいので、かなり多くの人が集まってくれました。 卓球は初戦で負けてしまったけど、BBQなどもして、色んな人と交流できました。カメルーンでは日本人が少ないこ…

続きを読む

現地語学訓練終了

現地語学訓練が終了しました。 授業は23日に終わっていたのだけど、今日は隊員連絡所に先生たちが来て、成績評価と今後のフランス語学習のアドバイスをくれました。 これで、駒ヶ根訓練所から続いていた語学訓練が全て終了です。カメルーン生活もまだまだ23ヶ月あります。ただ生活するだけでは語学は伸びないので、これからも学習を続けていこうと思います。 さて、これからはいよいよ任地での活動です。赴…

続きを読む

街で見かけた面白い写真

散髪屋さんの前に掛けられていたボード。 街のいたるところで見かけます。 1番から12番まで。どれを選ぼうか悩みますね。 何か分かりますか? タクシーの窓です。 ひび割れはフロントガラスも含めてよく見るんですが、 木をはめていたのは初めて見ました。 電気屋さんで見かけました。 「おっ、iPodあるやん」っと思ったら、なんか微妙に名前が違いました。

続きを読む

首都・ヤウンデの様子

カメルーンの首都、ヤウンデ。今はここに住んでいます。 今日は簡単にヤウンデの紹介をします。 ヤウンデは大きな街で、前に紹介したスーパーマーケットや高級レストランの他に、高級ホテルやオシャレなカフェなどもあります。その他、官庁など近代的な都市の機能は有しています。でも大阪・日本橋のような電気街もあり、前に紹介したマルシェのような雑多な場所も多くあります。路上販売も多く、食べ物から電化製品、…

続きを読む

フィールドトリップ(住居編)

フィールドトリップは、19日にニヤフィアンガ近くの居住地を出て、同じ日に首都のヤウンデに戻りました。19日は配属先NGOのヤウンデ事務所に泊まり、翌20日にJICAに到着。無事に終わりました。 さて、最後に住居の紹介をしたいと思います。 居住地域の様子です。 ここにはNGOのスタッフが中心に住んでいます。 僕の任地であるニヤフィアンガ村から約3km離れた場所にあります。 …

続きを読む

フィールドトリップ(訪問編)

この日はンゴロへ郡知事に表敬訪問をしました。 まずはンゴロ。町の様子です。ここが任地から1番近い町なので町の施設を確認しました。 ンゴロとニヤフィアンガの間の道。 プランタン(バナナの大きいもの)がところどころで売られています。 夜にはニヤフィアンガ村の村長に挨拶に行きました。 ニヤフィアンガ村には電気・水道がありません。ランプの薄明かりの中…

続きを読む

フィールドトリップ(出発編)

7月17日~20日、3泊4日で任地へフィールドトリップへ行ってきました。 僕の任地は首都ヤウンデから約175km離れたニヤフィアンガ村です。 電気も水道も、当然携帯電話の電波もないところです。 朝9時、僕の配属先のNGOがJICA事務所に迎えにきました。配属先の人たちとは電話で話したのみで会うのは初めてでした。 11時、Amigo Voyagesという長距離バスに乗ってまずは…

続きを読む

現地語学訓練

今日は現地語学訓練のことを紹介します。 カメルーンに着いて2週目から始まった語学訓練。朝9時から16時半まで。時間が長くて結構みっちりです。でも、ひたすら教室で勉強をするわけではなく、課外授業も多くて結構楽しいです。 例えば、2日目の授業ではいきなりマルシェへ行って、「はい買ってきて」と言って放り出されました。カメルーンにも全然慣れてない頃なので、かなりドキドキでした。別の日には、そ…

続きを読む

ランニング@モンフェベ

今日は日曜日でした。 朝は近くの山(Le Mont Fébé)へランニング。 駒ヶ根訓練所以上の坂をひたすら上って30分、ヤウンデを一望できるところまで行きました。有名なランニングコースのようで多くのランナーが走っていました。やっぱりランニングはいいですね。気分転換にもなります。 ちなみに、カメルーンにはL'ascension du Mont Camerou…

続きを読む

カメルーン料理に挑戦

今日の語学の授業は料理でした。 マルシェへ食材に買いに行き、そのあと先生の家へ。Sabine先生とそのいとこのTatianaさんと一緒にカメルーン料理に挑戦しました。 2つの料理を作ることになって、SabineグループではMbongo Chobi(ボンゴチョビ)を、TatianaグループではSauce d'arachide(ソースダラシッド)を。僕はソースダラシッドの方でした。両方とも、…

続きを読む