2008年06月26日

Enfin いよいよ

Le mercredi 25 juin 2008

Je suis parti du Japon à 11 heures 10. Je ne peux pas encore que j’irai au Cameroun. Il y a 5 volontaires qui y vont cette fois. Le vol Tokyo-Paris prend 12 heures. C’était un peu fatigant.

Nous sommes arrivé à l’aéroport de Roissy-Charles de Gaulle. Nous sommes sorti au centre de la ville de Paris. C’est magnifique. J’ai été sommeil mais je me suis excite. Quelqu’un m’a dit que français était méchant parce qu’ils ne parlent pas anglais malgré qu’ils parlent anglais. Je pense que ce n’est pas vrai. Quand nous avons essayé de communiquer dans la ville, ils parlaient spontanément anglais. Ils sont gentils. Mon impression de Paris est bon. J’aimerais encore la visiter.

2008年6月25日

午前11時10分、日本を出発。でもまだカメルーンへ行くという実感が沸きません。今回、カメルーンへ派遣されるのは5人。東京‐パリは12時間かかり、少し疲れました。

この日はパリで一泊。シャルル・ド・ゴール空港から街にでました。時差でかなり眠かったけど、パリの街並みに感動して眠気も吹っ飛びました。またパリの人はとても優しい印象を受けました。というのも、フランス人は英語を話せるのにわざと使わないと耳にしていたのだけど、逆に積極的に英語で話しかけてくれました。フランス語がなかなか通じなかったのはショックだけど、パリには好印象です。またいつか訪れたいなと思いました。

2008_0627013911.JPG
2008_0627014011.JPG
2008_0627014711.JPG


Le jeudi 26 juin 2008

Ce matin, nous sommes parti de Paris. Il y a beaucoup de Camerounais dans l’avion pour le Cameroun. En general, ils sont grands et robustes. Je suis petit. Est-ce que je peux travailler dans les gens? Mais je dois et je vais.

Nous avons rencontré un Japonais qui travaille dans l’ambassade de Japon. Il est gentil et sympa. J’ai vu un film francais dans l’avion. J’aime le francais. Il sonne bien et beau. Mais je ne comprend pas bien. J’ai besoin de continuer à l’étudier.

Quand l’avion a atterri, j’ai vu la terre de Cameroun. C’est vert. Il y a beaucoup de forêt. Enfin, nous sommes arrivé au Cameroun.

Nous avons pris le dîner au JICA. C’étaient du riz au curry que la coordinatrice a préparé et de la bière que notre aîné de volontaires a acheté pour nous. Les jours au Cameroun commencent.

2008年6月26日

朝、パリを出発。カメルーンへ向かう飛行機にはカメルーン人がいっぱいです。民族的に彼らはとても大きくてがっしりしており、小さい僕はこんな人の中でやっていけるのかとかなり心配になりました。まあやるしかないし、がんばります。

途中、1人の日本人と出会いました。カメルーン在の日本大使館の人で、とても感じの良い人でした。機内ではフランス映画を鑑賞。フランス語の音はきれいで好きなのだけど、全く理解できませんでした。カメルーンでも勉強を続けなければ。

カメルーンに着陸する時、初めてカメルーンの大地を見ました。それは緑。森が広がっていました。いよいよカメルーンへ到着しました。

2008_062702021.JPG
C'est Douala. カメルーン第一の街、ドゥアラ近郊です。

2008_062702121.JPG
C'est Youndé. カメルーンの首都ヤウンデです。夕暮れでした。

夜はJICAの隊員連絡所で調整員の方が用意してくれたカレーと、先輩隊員からの差し入れのビールをいただきました。いよいよ、カメルーンでの日々が始まります。
posted by まっつん at 23:00| Comment(0) | 協力隊 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。