ブログという場所

はい、ということで、いきなりの5年ぶりの投稿でした。 なんで書かなくなったのかは覚えていません。仕事が忙しくなって投稿間隔があいて書く習慣がなくなったか、あるいはFacebookだけで満足していたか。 でも最近のFacebookの投稿は全体の傾向として、文章が減って、写真とそれの短文コメント、ぐらいが多くなっている気がします。インスタグラム的な。Facebookをパソコンではなくスマホで…

続きを読む

スマホが故障して考えたこと(スマホとの距離を大切に)

3年半がんばってくれた僕のXperia Z2がついにダメなようです。。。 以前にSimロック解除して、今は日本では格安スマホのFREETEL、こっち(ブルキナ)では現地のSimを入れているのですが、Simカードを読み取らなくなり、またSDカードも読み取らなくなりました(悲)。SDカードには50GB分の音楽が入っていて、僕の生活の必需品なんです。日本から意気揚々と買ってきたBluetoothスピ…

続きを読む

スーダン(ハルツーム)のランニング事情

とても住みやすくていい国のスーダンですが、マラソンが趣味の僕にとっては、その点だけは問題です。 まず暑さ。6月に来てから今までずっと最高気温は40度前後。最近、やっと少し日差しが柔らかくなった気はしますが、それでも日本の夏の日差しよりかは強烈。暑いです。 続いて埃。ほとんど雨の降らないこの地域では、とにかく砂埃がすごいです。街中はそれに加えて車の交通量がすごいので、その砂を巻き上げて…

続きを読む

Eid Mubarak!

9月、10月と、日本人専門家の出入りも多く、また日本からプロジェクトの中間評価ミッションが来たり、年に2回行う大きな会議もあったりなどのイベント毎もあり、プロジェクトは怒涛の日々でした。というか、11月、12月も予定が色々とあるのできっと怒涛の日々ですが、そんな「怒涛の日々」という言葉に甘えて、ブログ更新を怠っていました。いけません、いけません。 (こちら、プロジェクトで行っている研修…

続きを読む

引越して、そしてプロジェクトも本格化

まず、ブログのタイトルですが結局元に戻しました。アラビア語で何かと思ったのですが、カタカナで「タマームミアミア」とか「サバハルヘール」とか書いても、なんのこっちゃ意味分からないですもんね(笑)。 さて、ここ数週間ですが、ラマダンとラマダン明けの休日が終わり、プロジェクトの方では短期専門家を2名迎え、また9月、10月、11月とプロジェクトも色々と動いて本格化してきています。業務をしっかりこな…

続きを読む

ラマダンと断食

イスラム教にはラマダン月があり、英語ではHoly month(神聖なる月)と言ったりもします。イスラム歴で毎年のラマダン月が決まるので、今我々が使っている西洋の月とは毎年約11日ずれるそうです。ちなみに、今年度のラマダンは7月20日頃~8月18日頃でした。 「頃」というのは新月を確認してから「よし、今日からラマダン」「よし、今日で終わり」となるそうで、そのアナウンスがモスクからのアラビア語のた…

続きを読む

雨季

スーダンでは7月、8月、9月と雨季だそうです。ただ雨季と言っても、毎日毎日降り続けるわけではありません。そう、首都のハルツームは年間降水量が200mmにも満たないようです。そしてその約200mmがこの7月~9月にまとめて降ります。現に7月はゲリラ豪雨的な大雨が計3日くらいでした。かなり雨が少ない国ですね。 ちなみに、カメルーンでは多いところでは年間降水量4000mmとかになります。僕の住んでい…

続きを読む

言語の事情

スーダンに来て早一ヶ月です。 仕事は、事務処理はなんとかこなしているものの、まだまだプロジェクトのことを完全に把握できておらず、手探りでやっているという感じです。早く慣れて、プロジェクトの力になれればと思います。 さて、今日はスーダンでの言葉について。 当たり前と言えば当たり前なのですが、スーダンではアラビア語が公用語で、英語も一応公用語となっていますが、街中では英語を話せる人はほとん…

続きを読む

広大な農地(ゲジラ州への出張)

先週のお話しですが、首都のハルツームを初めて出て、その南東に位置するゲジラ州に出張しました。州都のワドメダニはハルツームから約170~180キロ離れたところにあり、ここではプロジェクトの稲作の専門家が常駐しつつ、州の農業省と共に州のいたるところで陸稲稲作が進められています。今回、僕はプロジェクトのリーダーに同行しながら、現場を訪れました。 7月10日~12日の2泊3日だったのですが、「広大…

続きを読む

ハルツームの街の様子

今日は七夕ですね。ここスーダンでは、残念ながら砂埃で常日頃視界が悪いため、きれいな星空というのはあまり望めないかもしれません。 こちら、ちょっと風が強く吹いて砂埃が舞っている首都のハルツームの様子。 こうなると遠くまであまり見えません。 さて今週も無事に終わりました。 あっ、先週に書き忘れましたが、僕は首都のハルツームに住みながら、ハルツームの農業省内で働いています。その仕事…

続きを読む